★ 9割の人が得する薬代の裏話 ★

ポララミンと同じ効果の成分を含む市販薬とその選び方【クロルフェニラミン 】

このページでは現役薬剤師が、処方薬ポララミンと同じ効き目の成分を含む市販薬を紹介します。

病院で医師からもらう薬はよく効いて助かりますよね。でも、いざ欲しいって時に行けなかったりするのが病院です。そこで、このページでは処方薬を市販薬として手に入れる方法、また、選び方のコツを紹介したいと思います。

ポララミンを市販薬として
手に入れる方法・選び方を紹介します。

ポララミンの紹介

まずは、処方薬であるポララミンの紹介です。

ポララミンの主成分

ポララミンの主成分は「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」と呼ばれる成分です。

主成分の分類と特徴

即効性のある「第一世代」の抗ヒスタミン薬で、効果は強いが眠気も強いのが特徴です。

ポララミンの種類

ポララミンには5種類あります。

    商品名

  • ポララミンシロップ0.04%
  • ポララミンドライシロップ0.2%
  • ポララミン散1%
  • ポララミン錠2mg
  • ポララミン注5mg

ポララミンと同成分の処方薬

上記ではポララミンを列挙しましたが、同主成分を含む商品も多く存在します。

      • 商品名

      • 2mgクロダミン注/5mgクロダミン注
      • アストーマ配合カプセル
      • アレルギン散1%
      • エンペラシン配合錠
      • クロダミンシロップ0.05%
      • クロフェドリンS配合錠
      • サクコルチン配合錠
      • セレスタミン配合錠/セレスタミン配合シロップ
      • セレスターナ配合錠
      • ニチコデ配合散
      • ネオマレルミン錠2mg
      • ヒスタブロック配合錠

    など

ポララミンの市販薬

いよいよ、本題の市販薬の紹介ですが、実は「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」を含む市販薬は、1766種類もあります。しかし、残念なことにポララミンと「同じ構成」の市販薬はたった1種類しかありません(d-クロルフェニラミンマレイン酸塩だけを含む市販薬は1種類だけ)。

1766種類全部をここで紹介するわけにはいかないので、ここでは、同構成に1種類と、薬サポがオススメする「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」を含む市販薬を4つ紹介します。全てを紹介できないことをお許しください。

ポララミンの主成分を含む
商品を紹介します
ここでは、5種類すべてを紹介します。病院・調剤薬局でポララミンをもらい、同じ効能の市販薬を自分で買いたい時の参考にしてみてください。

注意
ここでは、ポララミンの有効成分「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」を含む商品を紹介します。他の「有効成分」も含まれていることをご理解ください。

錠剤タイプ

 

ネバシー

クロルフェニラミンマレイン酸塩の含有量は2.0mg/錠です(ポララミンと同量です)。この商品には他に、成分(添加物は除く)を含んでおらず、唯一の同主成分・同構成の市販薬です。ポララミンとして使用しても問題ないと考えます。

★成分(6錠中)
・クロルフェニラミンマレイン酸塩 12mg

もっと詳しく!添付文書はこちら http://www.info.pmda.go.jp/ogo/J0601005868_04_02

アレギトール

クロルフェニラミンマレイン酸塩の含有量は1.5mg/錠です(ポララミンの75%量です)。この商品には他に、抗炎症作用がある「グリチルリチン酸カリウム」、ビタミン剤の「リン酸ピリドキサール」を含んでいます。クロルフェニラミンの量は少なめですが、その他の成分が影響力の少ない成分ですので、ほぼポララミンとして使用しても問題ないと考えます。

★成分(6錠中)
・グリチルリチン酸カリウム 180mg
・リン酸ピリドキサール(ビタミンB6) 12mg
・クロルフェニラミンマレイン酸塩 9mg

もっと詳しく!添付文書はこちら http://www.info.pmda.go.jp/ogo/J0601005857_04_01
 

アレルギール錠

クロルフェニラミンマレイン酸塩の含有量は1.5mg/錠です(ポララミンの75%量です)。この商品には他に、抗炎症作用がある「グリチルリチン酸カリウム」、ビタミン剤の「リン酸ピリドキサール」、カルシウム剤の「グルコン酸カルシウム水和物」を含んでいます。クロルフェニラミンの量は少なめですが、その他の成分が影響力の少ない成分ですので、ほぼポララミンとして使用しても問題ないと考えます。

★成分(9錠中)
・クロルフェニラミンマレイン酸塩 13.5mg
・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 22.5mg
・グリチルリチン酸カリウム 180mg
・グルコン酸カルシウム水和物 1350mg

もっと詳しく!添付文書はこちらhttp://www.info.pmda.go.jp/ogo/K1101000008_03_01
 

パートスS錠

クロルフェニラミンマレイン酸塩の含有量は2.0mg/錠です(ポララミンと同量です)。この商品には他に、抗炎症作用がある「グリチルリチン酸カリウム」、ビタミン剤の「リボフラビン酪酸エステル」、「ピリドキシン塩酸塩」を含んでいます。クロルフェニラミンの量は同量ですし、その他の成分が影響力の少ない成分なので、ほぼポララミンとして使用しても問題ないと考えます。

★成分(6錠中)
・クロルフェニラミンマレイン酸塩 12mg
・リボフラビン酪酸エステル 12mg
・ピリドキシン塩酸塩 15mg
・グリチルリチン酸二カリウム 110mg

もっと詳しく!添付文書はこちらhttp://www.info.pmda.go.jp/ogo/J0601005869_06_01

液体タイプ

スラジンシロップ

クロルフェニラミンマレイン酸塩の含有量は0.3%です(ポララミンは0.4%です)。この商品には他に、気管支拡張作用がある「メチルエフェドリン」、ビタミン剤の「ビタミンB6」を含んでいます。クロルフェニラミンの量は同量ですし、その他の成分が影響力の少ない成分なので、ほぼポララミンとして使用しても問題ないと考えます。

★成分(10ml中)
・クロルフェニラミンマレイン酸塩 3mg
・dl-メチルエフェドリン塩酸塩 12.5mg
・ビタミンB6 5mg

もっと詳しく!添付文書はこちらhttp://www.info.pmda.go.jp/ogo/J0601005864_02_01

以上、4商品でした。

以上、「ポララミンと同じ効果の成分を含む市販薬とその選び方【クロルフェニラミン 】」でした。