★ 9割の人が得する薬代の裏話 ★

【薬剤師監修】リドメックスと同じ効果の成分を含む市販薬とその選び方【プレドニゾロン 】

このページでは現役薬剤師が、処方薬リドメックスと同じ効き目の成分を含む市販薬を紹介します。

病院で医師からもらう薬はよく効いて助かりますよね。でも、いざ欲しいって時に行けなかったりするのが病院です。そこで、このページでは処方薬を市販薬として手に入れる方法、また、選び方のコツを紹介したいと思います。

リドメックスを市販薬として
手に入れる方法・選び方を紹介します。

リドメックスの紹介

まずは、処方薬であるリドメックスの紹介です。

リドメックスの主成分

リドメックスの主成分は「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」と呼ばれる成分です。

主成分の分類と特徴

ステロイドであり、その中でもミディアム(5段階中、下から2段目)に分類される薬です。また、アンテドラッグと呼ばれ、塗布した患部で効き目を発揮し、体内で低活性物質に変わる薬剤です。高い抗炎症作用から、かゆみに対してよく処方されます。
【強さ順】ステロイド入りの市販薬をランク別に現役薬剤師が紹介【塗り薬・顔用・最強・おすすめ】

リドメックスの種類

リドメックスには3種類あります。

    商品名

  • リドメックスコーワ軟膏 0.3%
  • リドメックスコーワクリーム 0.3%
  • リドメックスコーワローション 0.3%

リドメックスと同成分の処方薬

上記ではリドメックスを列挙しましたが、同主成分を含む商品も多く存在します。

    商品名

  • ユーメトン軟膏0.3%
  • ユーメトンクリーム0.3%
  • スピラゾン軟膏0.3%
  • スピラゾンクリーム0.3%
  • スピラゾンローション0.3%
  • プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル軟膏0.3%「YD」
  • プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルクリーム0.3%「YD」

リドメックスの市販薬

いよいよ、本題の市販薬の紹介ですが、実は「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」を含む市販薬は、180種類もあります。そして、リドメックスと同じ成分構成をした商品はたった5つしかありません。ここでは5つ全てを紹介しますが、一点注意がございます。同じ成分を含んでいても、市販薬と処方薬リドメックスの成分量は違うので、しっかり理解した上で購入しましょう。

リドメックスと同成分・同構成の
商品のみ紹介します
ここでは、5種類すべてを紹介します。

注意
含有量(プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル)がそれぞれ異なります。購入する際はよく確認しましょう。リドメックスの場合は「0.3%」ですが、市販薬は全て「0.15%」です。

カユミックアルファクリーム

プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルの含有量は0.15%です(リドメックスの1/2です)。

カユミックアルファA軟膏

プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルの含有量は0.15%です(リドメックスの1/2です)。

ピュアクイックS軟膏

プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルの含有量は0.15%です(リドメックスの1/2です)。

メンソレータムAPソフトローション

プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルの含有量は0.15%です(リドメックスの1/2です)。

ニッポーデルマP軟膏

プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルの含有量は0.15%です(リドメックスの1/2です)。
ネットでの販売は確認できませんでした。

以上、5商品でした。含有量はすべて同じで、添加物もほぼ同じものです。大きな違いは価格ですので、気になる方は楽天かAmazonでお確かめください。

以上、「【薬剤師監修】リドメックスと同じ効果の成分を含む市販薬とその選び方【プレドニゾロン 】」でした。