★ 9割の人が得する薬代の裏話 ★

「ビオフェルミン止瀉薬」と「ビオフェルミン下痢止め」の違い

どうも、薬サポです。

今回は、ほぼ似ている「ビオフェルミン止瀉薬」と「ビオフェルミン下痢止め」の違いを説明します。

結論

 

「止瀉薬」<「下痢止め」

 

まず、結論としては「ビオフェルミン止瀉薬」より「ビオフェルミン下痢止め」の方が、下痢止めとしての効果が高いです。

理由

理由は簡単で、シャクヤクエキス:鎮痛鎮痙薬が「ビオフェルミン止瀉薬」に加わったものが「ビオフェルミン下痢止め」だからです。


参考 ビオフェルミン止瀉薬大正製薬ホールディングスグループ

 

成分の違い

ビオ止瀉薬
9錠中
ビオ下痢止め
3包(3.6g)中
タンニン酸ベルベリン300mgタンニン酸アルブミン2700mg
ゲンノショウコ乾燥エキス 420mgゲンノショウコエキス 600mg
ロートエキス 33mgロートエキス 33mg
シャクヤクエキス 125mg
ビフィズス菌 30mgフェーカリス菌末(乳酸菌) 180mg

厳密にいうと、同成分が入っているわけではなく、効果の性格な比較はできませんが、製造メーカーのホームページにも記載のある通り、「下痢止め」の方がより効果(特に腹痛に対して)を発揮すると言えるでしょう。

以上、「「ビオフェルミン止瀉薬」と「ビオフェルミン下痢止め」の違い」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です